水安全計画策定への提案

~水源から給水栓までを守り続けます~

安全でおいしい水供給するために

水道事業者は,安全な水道水を水道利用者に安定的に供給する使命があります。平成24年5月に利根川水系で発生したホルムアルデヒドによる水質事故や平成23年3月11日には、東日本大震災に伴う原子力発電所からの放射能汚染事故等が発生しています。
この水道システム全体の安全を継続的に確保するには、水源から給水栓に至る統合的な水質管理を実現する手段として、厚生労働省健康局水道課より平成20年5月に「水安全計画策定ガイドライン」が示され、水安全計画を策定又はこれに準じた危害管理を徹底することが望ましいと周知されていますが、総合的な水質管理が進んでいない状況です。
このような状況の中、平成27年6月に人員の少ない中小規模の水道事業者等でも比較的容易に水安全計画が作成できる「水安全計画作成支援ツール簡易版」が公表されました。
今後は、この支援ツール簡易版を基に、策定することから、始めてみることが重要です。

安全でおいしい水供給するために

水源から給水栓までのリスクへの対応!

水源から給水栓までのリスクへの対応!

水安全計画策定の手順

水安全計画策定の手順

期待できる効果

水安全計画の策定により、安全性の向上、維持管理の向上・効率化、技術の継承、安全性に関する説明責任、一元管理及び関係者の連携強化等の効果が期待できると考えています。また、水道事業ビジョンアセットマネジメント、施設整備計画などへのインプット情報として活用が期待できます。

適切な浄水処理の選定

日本水工設計が行う水安全計画策定の支援

日本水工設計は、水安全計画策定の推進チームとともに現地調査や聞き取り調査を行って、職員の方の日常の運転管理のノウハウや知識を集約し、水安全計画策定のお手伝いをいたします。また、策定した水安全計画に沿って維持管理を行うための作業標準となる「運転管理マニュアル」や、事故時の対応をまとめた「緊急時対応マニュアル」等の作成についてもサポートします。

適切な浄水処理の選定

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成30年9月現在
平成28年度 愛知中部水道企業団 策定済み水安全計画の検証・レビュー及び見直し業務
平成26年度 秋田県横手市 水源から給水に至る包括的な危害評価と危害管理ついてHACCP手法に基づいた水安全計画の策定
平成25年度 愛知中部水道企業団 水源から給水において想定される危害原因事象を抽出し水安全計画を策定
平成25年度 秋田県横手市 水源から給水に至る包括的な危害評価と危害管理ついてHACCP手法に基づいた水安全計画の策定
平成23年度 埼玉県志木市 水源から給水に至る包括的な危害評価と危害管理ついてHACCP手法に基づいた水安全計画の策定
平成22年度 埼玉県川口市 水源から給水において想定される危害原因事象を抽出し水安全計画を策定
平成22年度 愛知中部水道企業団 水源から給水において想定される危害原因事象を抽出し水安全計画を策定

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る