シミュレーションによる雨水対策

~雨に強いまちづくりのために~

これからの雨水対策に求められる考え方

我々を取り巻く環境が変化しています。これからの雨水対策はどうすれば?

これからの雨水対策に求められる考え方

雨に強いまちづくりに向けて

浸水シミュレーションによって、これまで困難であった雨水の流れを把握することにより、都市の特性にあわせた対策手法の立案や、浸水被害予測などの評価ができます。

雨に強いまちづくりに向けて

雨水対策計画の策定の流れとシミュレーションの概念

高度な浸水シミュレーション技術を駆使し、雨に強いまちづくりをお手伝いします。

雨水対策計画の策定の流れとシミュレーションの概念

シミュレーションによる効果

シミュレーションを活用した雨水対策では、次のような評価・検討が可能です。

シミュレーションによる効果

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成30年9月現在
平成29年度 埼玉県さいたま市 シミュレーションを活用した対策効果検証及び水位観測実施地点検討
平成28年度 奈良県奈良市 シミュレーションを活用した下水道浸水被害軽減総合計画
平成27年度 埼玉県さいたま市 シミュレーションを活用した下水道浸水被害軽減総合計画
平成27年度 日本下水道事業団/京都府綾部市 シミュレーションを活用した浸水対策計画
平成27年度 神奈川県秦野市 シミュレーションを活用した浸水対策計画
平成26年度 高知県いの町 シミュレーションを活用した浸水対策計画
平成26年度 石川県七尾市 シミュレーションを活用した浸水対策計画
平成26年度 埼玉県さいたま市 シミュレーションを活用した下水道浸水被害軽減総合計画
平成25年度 兵庫県神戸市 シミュレーションを活用した浸水対策計画
平成25年度 東京都下水道局 シミュレーションを活用したマンホール蓋飛散原因調査

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る