下水道りん資源の利用の推進

~下水道からはじめる資源の循環を目指して~

わが国のりん資源の今

りんは植物生育の三大栄養素のひとつであり、食糧の安定生産に欠かせない重要な物質です。しかし、わが国には天然資源としてりん鉱石を産出する鉱脈が存在せず、私たちの生活や社会活動に必要なりん資源の100%を諸外国からの輸入に頼っています。さらに近年では、新興大国の経済発展や、世界的な穀物増産による肥料原料価格の高騰等による主要原産国の輸出規制の影響もあって、国際取引価格は乱高下しています。

食糧の安定生産・増産のために化学肥料を必要とするわが国にとって、今やりんは国家戦略上の重要な物質であり、長期的かつ安定的なりん資源の確保が強く求められている状況です。

りん資源と下水道

わが国には年間約80万トンのりんが輸入され、その約7割が農耕・家畜・食料を経由して生活排水系に排出されます。そのうち約5.5万トンのりんが下水道を経由しますが、肥料として有効活用されているものは僅か0.6万トン(10%)に過ぎず、残りは埋立て等により廃棄されています。

今後、より需給が逼迫する可能性があるりん資源を下水道から回収し、国内における貴重な未利用資源として循環利用していくことが今後の下水道の役割であり、高い資源的価値を生み出します。

今こそ「下水道からのりん資源の資源化」に向けた取組みを始めてみませんか?

日本水工設計がサポートします!

主なりん資源化技術

下水道からのりん回収・資源化にはさまざまな技術が開発・実用化されていますが、既存下水道施設の状況や地域の特性・水質等を踏まえ、導入技術に応じた費用や回収りん品質を検討するとともに、需要予測、事業採算性、事業形態、販路など、トータル的な検討を通じて選定する必要があります。

流出解析モデルを用いる効果、流出解析モデルを用いた対策立案事例

りん資源化の検討メニューと流れ

地球

りん資源化を検討するにあたっては「下水処理場の特性」「りん資源化技術」「需要者のニーズ」の3要素のマッチングが重要です。これら検討結果を踏まえて、経済性及び事業形態の面から事業として成立可能かを検討します。

フロー(下水処理場の特性→りん資源化→技術需要者のニーズ→事業化の検討)

りん資源化実施状況と下水汚泥中のりん分布量

現在、りん資源化を実施中の主な都市(処理場)と下水汚泥中のりん分布量を図に示します。
下水汚泥中に含まれるりん分布量は人口が集中する都市部において大きく、下水道からのりん資源化の推進に有利といえます。

日本のりん資源化実施状況と下水汚泥中のりん分布量

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成30年9月現在
平成25年度東京都りん回収資源化技術の調査

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る