処理場・ポンプ場の地震・津波対策

~地震・津波に備える~

下水道施設の地震・津波への対策は出来ていますか?

地震・津波対策の必要性

我が国における下水道施設は、1995年兵庫県南部地震以降、大地震に対して安全性の確保、対策が求められてきましたが、2011年に発生した東日本大震災では、これまでにない規模の地震に加え、津波により、広範囲に甚大な被害が発生し、従来の耐震化対策だけでは、限界がある事を思い知らされました。
このような状況を踏まえ、処理場・ポンプ場 の地震・津波対策は、短期・中期・長期等の段階的な目標を設定し、下水道ストックマネジメントBCP等も考慮しながら、施設の優先度や重点化範囲を設定した上で、対策を進めていく事が求められています。

防災計画

下水道地震・津波対策計画の実施フロー

下水道地震・津波対策計画の実施フロー

日本水工設計は、"優先順位の検討(短期・中期・長期)"、"未対策施設の対策方法(防災・減災対策)"を整理し、各地域の特性に合わせた総合的な提案を致します。

下水ポンプ場の非線形解析事例

耐震診断・補強設計における構造計算の解析手法について、現実に近い地震動波形を設定した動的解析や非線形解析による解析手法もあります。

下水ポンプ場の非線形解析事例

下水処理場の耐津波対策例

津波の影響を受ける可能性のある施設に対しては、津波や漂流物が開口部から流入し、処理機能が損なわれないよう、防波対策や開口閉塞、波圧に対しする補強実施が考えられます。

下水処理場の耐津波対策例

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成29年03月現在
平成28年度 群馬県下水道総合事務所 非線形解析による耐震診断の見直し設計
平成28年度 東京都下水道局 設備再構築と実施時期を合わせた非線形解析業務による耐震補強設計
平成28年度 大分市 処理場放流渠の津波対策設計
平成27年度 静岡市 県の津波対策計画に基づく津波診断
平成27年度 東京都下水道局 非線形解析による耐震補強設計
平成26年度 日本下水道事業団/神奈川県藤沢市 津波を考慮した管理棟新設の実施設計
平成26年度 三重県中勢流域下水道事務所 土木施設の耐震補強設計と減災対策設計
平成25年度 神奈川県藤沢市 津波シミュレーションを実施による被害想定、耐津波対策検討
平成25年度 全国上下水道コンサルタント協会 下水道施設の耐震対策指針と解説 -2014年版-  改定業務
平成25年度 全国上下水道コンサルタント協会 下水道の地震対策マニュアル -2014年版- 改定業務

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る