水道広域化に向けた提案

~発展的な広域化を推進し、役割分担に応じた取り組みへの挑戦を~

水道事業が抱えるさまざまな課題解消に向けて対策を検討していますか?

厳しい社会環境の中で、サービス水準を維持していくことは可能ですか?

“水道広域化の推進“水道広域化の推進

新水道ビジョンでは、「発展的広域化」を提唱しています

新水道ビジョンでは、重点的な実現方策を「関係者の内部方策」、「関係者間の連携方策」、「新たな発想で取り組むべき方策」に分類しています。
このうち「関係者間の連携方策」の一つとして「発展的広域化」を提唱しています。

新水道ビジョンでは、「発展的広域化」を提唱しています

国庫補助事業メニュー(水道広域化促進事業)の活用が可能です

平成22年度に国庫補助制度として「水道広域化促進事業」が創設されました。「水道広域化促進事 業」とは、複数の水道事業による市町村の区域を越えて行われる統合、または水道用水供給事業と水道事業による統合を伴って行う、以下の2つの事業で構成される事業を対象としています。(補助率:1/3)

  • ①経年施設更新事業(給水人口が概ね10万人以下、耐用年数を超過しているものを整備する事業)
  • ②統合関連事業(①以外の区域内で行われる整備事業)

水道広域化の類型化とメリット・デメリット

全国で進められている広域化事例を類型化すると、概ね垂直統合型・水平統合型・弱者救済型の3パターンに整理されます。

水道広域化の類型化とメリット・デメリット
【垂直統合のイメージ】
【水平統合のイメージ】

日本水工設計はサービス水準を維持するための広域化を支援します

限られた資源(人・モノ・カネ)で水道事業を効率的に運用していくためには、単一の事業体だけで対応策を考えるのではなく、広い視点で検討することをお勧めします。

日本水工設計では、広域化の検討業務に加え、事業体の事業運営の支援検討委員会等の運営支援についてもサポートいたします。

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成30年9月現在
平成29年度厚生労働省秋田県を検討対象事業体とする広域連携検討に関するケーススタディー
平成29年度神奈川県神奈川県西地域(2市8町)を対象とする包括委託の導入可能性の検討
平成29年度大分県大分県全水道事業を対象とした多様な形態の広域化シミュレーションの実施
平成28年度柳井地域広域水道企業団柳井地域水道事業の広域化に関する可能性概略検討
平成27年度山口県宇部市宇部市水道事業と山陽小野田市水道事業の広域化の検討
平成25年度沖縄県沖縄県全水道事業を対象とした多様な形態の広域化シミュレーションの実施
平成23年度栃木県佐野市3市合併による水道施設の統廃合計画
平成21年度山口県山口市1市4町の合併による施設の統廃合及び中長期的事業計画の策定
平成21年度山口県萩市市町村合併による施設の統廃合及び中長期的事業計画の策定
平成21年度愛媛県八幡浜市市町村合併による施設の統廃合及び中長期的事業計画の策定

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る