内水ハザードマップの作成

~ソフト・自助の促進による被害の最小化に向けて~

住民の安心・安全のため

我々を取り巻く環境が変化しています。いざという時に必要な対策は?

住民の安心・安全のため

シミュレーションによる浸水想定区域図の作成

下水道の排水能力を超えた地表面の水の流れ(地表面氾濫流)のシミュレーションにより、浸水範囲・浸水深のほか、浸水継続時間まで詳細に把握します。

シミュレーションによる浸水想定区域図の作成
  • ①さまざまな降雨による検討が可能です
  • 既往最大降雨や、想定し得る最大規模の降雨など、さまざまな降雨による検証・作図が可能です。
  • ②詳細な地形・地勢の反映が可能です
  • 地表面データは、国土地理院が公表する数値標高モデル(5mまたは10mメッシュ)等の利用が可能です。
    また、メッシュでは表現されない微地形(局所的な窪地や盛土等)についても、現地を確認のうえ、シミュレーションに反映することができます。
  • ③外水位の設定が可能です
  • 放流先の水位状況を組み込むことにより、下水道への背水影響や逆流等の反映が可能です。
  • シミュレーション結果は、他検討への活用が可能です
  • シミュレーションで得られた浸水想定結果は、その他対策の検証(止水板・土のうの配備箇所、避難所の安全性検証)などにも活用できます。

内水ハザードマップの作成の流れ

高度な浸水シミュレーション技術を駆使し、雨に強いまちづくりをお手伝いします。

内水ハザードマップの作成の流れ

作成された内水ハザードマップは、他のハザードマップ(土砂災害、地震、津波、洪水、高潮など)と合成することにより、「地域防災マップ」としても活用できます。

内水ハザードマップ作成による効果

内水ハザードマップの作成により、次のような効果が期待されます。

aaa

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成30年9月現在
平成29年度 福島県福島市 内水ハザードマップ作成の基本方針検討業務
平成28年度 岡山県倉敷市 内水ハザードマップ作成
平成28年度 石川県加賀市 内水ハザードマップ作成
平成28年度 愛媛県伊予市 内水ハザードマップ作成
平成28年度 東京都都市づくり公社 内水ハザードマップ作成
平成27年度 神奈川県南足柄市 内水ハザードマップ作成
平成24年度 静岡市上下水道局 内水ハザードマップ作成
平成23~24年度 長崎県南島原市 浸水想定区域図作成
平成22~23年度 東京都下水道局 浸水想定区域図作成
平成23年度 鹿児島県鹿児島市 内水ハザードマップ作成

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る