高度処理への取り組み

~健全な水環境・水循環への貢献~

目的と背景

赤潮等の発生状況
  • ・ 高度処理の実施率は41%(平成25年度)程度と低い水準
  • ・ 赤潮などの深刻な被害が発生 → 閉鎖性水域の富栄養化の防止
  • ・ 汚濁負荷の流入の防止 → 水道水源水域の水質保全
  • ・ 都市域の水源としての有効活用 → 下水処理水の再利用

☆ 健全な水循環を創出する上で、高度処理の導入が求められています!

高度処理導入に関する事業

高度処理共同負担制度理 ・・・「高度処理共同負担制度に関するガイドライン」

流出解析モデルを用いる効果、流出解析モデルを用いた対策立案事例
「資料:国土交通省」

ガイドラインに基づき、流総計画において位置付けられた削減目標量の達成のための効率的な削減方法等の検討を行います。
具体的には、高度処理の実施が可能な自治体が、その他の自治体の「削減量を肩代わり」し、流域全体としての負荷削減を目指すものです。
肩代わりを行う処理区に新たな汚水管渠を整備する場合は、「自ら高度処理を行う場合」の主要な管渠の範囲が適用されます。

既存施設を活用した段階的高度処理 ・・・「既存施設を活用した段階的高度処理の普及ガイドライン」

国土交通省では、閉鎖性水域の水質保全のため段階的な高度処理の導入を推奨しています。
平成27年度には「既存施設を活用した段階的高度処理の普及ガイドライン」が出され、既存施設の改造等による段階的、かつ、効率的に高度処理への移行が可能となってきました。
それにより、管渠の補助対象範囲拡大特別交付税措置などの財政上のメリットがあります。

現況;標準法→改造1;リン除去→改造2;窒素・リン除去
「資料:国土交通省」

高度処理導入への提案

日本水工設計は、よりよい水環境を創造するため効率的な高度処理導入を検討し、最適な手法を提案します。

  • 流総計画に対応した高度処理計画の検討
  • ○高度処理共同負担事業への対応検討
  • ○放流先となる公共用水域や地域性を反映した再生水利用に関する高度処理計画の検討
  • 活性汚泥モデルを活用した高度処理計画の検討、段階的な高度処理導入計画の検討

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成30年9月現在
平成27年度日本下水道事業団(愛知県知多市)知多市南部浄化センター基本設計(高度処理化)
平成27年度福岡県流域下水道事務所多々良川浄化センター増設設計(A2O法)
平成26年度日本下水道事業団(熊本県長洲町)長洲町公共下水道全体計画(標準活性汚泥法に凝集剤添加を追加)
平成25年度岐阜県建設研究センター 処理場基本設計(高度処理OD法(凝集剤添加)+急速ろ過法)
平成25年度和歌山県伊都振興局紀の川流域下水道のし尿受入に伴う処理施設検討
平成23年度福岡県遠賀川下流流域下水道全体計画(効率的な処理場施設整備検討、処理水返流計画検討)
平成23年度静岡県湖西市湖西市公共下水道全体計画(窒素、りん除去)
平成23年度日本下水道事業団(愛知県豊田市)豊田市足助浄化センター実施設計(高度処理対応)
平成22年度大阪府堺市上下水道局堺市公共下水道全体計画(膜分離活性汚泥法)
平成21年度日本下水道事業団(滋賀県)琵琶湖流域下水道東北部浄化センター再構築実施設計(ステップ流入式多段硝化脱窒法)

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る