下水熱の有効利用に向けて

~足元に眠るエネルギー目を向けたまちづくり~

下水熱は再生可能エネルギー

下水熱回収と現状イメージ

より多くの人が下水熱利用できる社会づくり

下水熱は大きなエネルギーを有する一方で、利用先は下水処理場に限定されていました。近年、下水熱の活用促進を図るための制度設計や民間利用のための規制緩和がなされ、平成27年の下水道法改正では、民間事業者による下水道管の熱交換器設置・熱回収が可能になりました。

◆下水熱利用の取り組み例
利用場所 利用用途 利用事例 効果
大型商業施設 夏季:給湯+空調
冬季:給湯+外気予熱
再生水から 年間3.5%の省エネ効果、
7.5tのCO削減効果
商業店舗 給湯利用 汚水管から 年間を通して約30%以上の
節電効果
路面 融雪 汚水管から 降雪日に5 cmの除雪
年間COP5.9達成
下水熱利用の実現、促進に向けて

下水熱利用の事業化に至るまでのプロセス

下水熱利用の事業化に至るまでのプロセスイメージ
下水熱システムの導入プランは様々
○管渠の老朽化が進んでいる→下水道施設における管路更生工事に合わせた、熱交換器の設置低コスト化
○熱利用施設が処理場の近くにある→処理水からの熱回収に加え、再生水利用の複合利用
○創エネ・省エネ技術を導入したい→下水熱+α(太陽光、消化ガス発電、バイオマス燃料等)の計画・設計

利用者・場所・目的に合わせた効率的な下水熱回収プランをご提案します

日本水工設計は、実績に裏付けられた技術と知見・経験に基づき、効率的な下水熱利用の実現・促進に向けたご提案をします。まずは、ご相談ください。

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成30年9月現在
平成29年度北海道札幌市下水処理水熱を利用した融雪施設の基本計画
平成29年度東京都町田市下水熱を利用した空調設備の導入調査、実施設計
平成29年度福岡県福岡市下水熱ポテンシャル、導入可能性調査
平成27年度滋賀県下水熱ポテンシャルマップ(広域)作成
平成27年度東京下水道エネルギー(株) 下水熱利用施設の基本計画
平成27年度神奈川県横浜市下水熱利用事業のFS調査
平成25年度千葉県千葉市下水熱利用事業のFS調査
平成23年度下水道新技術推進機構下水熱利用事業のFS調査
平成22年度愛媛県松山市下水熱利用事業のFS調査

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る