下水道事業の評価

~効率的な社会資本の整備にむけて~

下水道事業評価と費用便益比算定の必要性

下水道事業評価と費用便益比算定の必要性

事業段階別の評価と当社の支援内容

日本水工設計は各段階に応じた事業評価の支援を行います。

事業段階別の評価と当社の支援内容

費用便益比(B/C)とは

費用効果分析は下水道事業実施による効果を定量的に評価するもので、下水道事業にかかる費用(C:Cost)と下水道整備により発現する便益(B:Benefit)の比率(B/C)により示されます。
※評価対象とする費用・便益項目は事業種別ごとに異なります。

費用
便益
費用便益比

流出解析モデルを用いた浸水対策の費用便益比算定例

費用便益比算定討例
費用便益比算定討例
費用便益比算定討例

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成30年9月現在
平成29年度 栃木県下水道管理事務所 下水道事業再評価
平成28年度 青森県中南地域県民局 下水道事業再評価
平成28年度 福岡県中津市 下水道事業再評価
平成28年度 青森県横浜町 下水道事業再評価
平成28年度 青森県黒石市 下水道事業再評価
平成27年度 青森県野辺地町 汚水処理構想及び下水道事業再評価
平成25~26年度 千葉県手賀沼下水道事務所 下水道事業再評価
平成23年度 広島県福山市 漁業集落排水事業事後評価
平成22年度 三重県中勢流域下水道事務所 下水道事業再評価
平成21年度 奈良県安堵町 下水道事業認可設計及び下水道事業再評価

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る