幹線・ポンプ場の増強とネットワーク化

~改築計画と機能向上、リスク分散に向けて~

現有施設の課題

都市域の処理場やポンプ場の多くは老朽化が進行し、改築時期を迎えようとしています。特にポンプ場においては市街地に建設されていることも多く、更新敷地の確保が見込めない等の状況が見られています。
また、近年の集中豪雨の増加により、従来の下水道計画降雨を上回る規模の降雨によって浸水被害の発生が生じているものの、新たなポンプ場や貯留施設の建設には用地や費用、時間がかかることが課題となっています。

現有施設の課題

ネットワークの効果

①ネットワークを利用した効率的な再構築・改築
処理場やポンプ場の再構築に際して、同等の能力施設のリプレイスが困難である場合には、施設間ネットワークを 行うことで、再構築工事中(機能停止中)の施設へ流 入する下水をネットワーク管を通じて周辺施設に送水・排水することが可能となります。
ネットワークを利用した効率的な再構築・改築
②ネットワーク化による雨水整備水準の向上
近年の都市型豪雨は遍在性が大きく、局所的に超過レベルの降雨量となるケースが見られます。このためネットワー クを用いて、1箇所のポンプ場では排水しきれない局所的 豪雨に対して複数のポンプ場による補完機能を用いて対 応することで、流域全体の治水安全度の向上に役立ちます。
ネットワーク化による雨水整備水準の向上
③災害時のリスク対応
地震や浸水被害による施設停止が予測される場合の対策として、複数の幹線・ポンプ場または処理場間を接続し、被災時に様々な情報・資源・処理を他の施設から融通す る下水道ネットワーク化を行う場合が考えられます。
これらは、「各施設停止時に、他の施設が機能を補完し合う」というバックアップ機能を有し、被災時の機能停止の回避や減災に役立ちます。
災害時のリスク対応

ネットワーク化の検討手法

流域単位のネットワーク
枝線単位のネットワーク(
下水道管ネットワーク化

日本水工設計は、下水道管ネットワーク化について危機管理対応の観点からだけではなく、改築・更新、機能高度化、地理的条件な ど様々な角度から最も合理的に実現できる方法を調査・検討し、計 画の立案を行います。

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成29年03月現在
平成27年度 熊本県熊本市 事業運営の安定化と危機管理対応による処理場間ネットワーク検討
平成27年度 東京都下水道局 再構築ポンプ所ネットワーク化検討
平成26年度 神奈川県藤沢市 非常時における下水道施設間ネットワーク化検討
平成24年度 愛知県知立建設事務所 災害時における処理場間ネットワーク化検討
平成23年度 長崎県長崎市 処理場統廃合に伴うネットワーク化検討
平成22年度 愛媛県松山市 維持管理の効率化に伴うネットワーク化検討
平成21~22年度 大阪府堺市 雨水滞水池基本設計及び処理場間ネットワーク化検討
平成21年度 広島県広島市 合流改善、処理場再構築に伴うネットワーク化検討
平成20年度 日本下水道事業団/愛知県日進市 災害時における処理場間ネットワーク化検討
平成17~18年度 下水道新技術推進機構 雨水ポンプ場ネットワーク計画に関する研究

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る