包括的民間委託を活用した効率的な維持管理

~計画的な維持管理への転換~

維持管理は適切に実行されていますか?

技術者が減り管理体制の確保が困難・老朽化の進行・更新率の低下

“維持管理は適切に実行されていますか?

維持管理に包括的民間委託の導入が増えています

限られた人員で効率的・効果的な管理を実施することは困難です。そのため、民間のノウハウを活用する方策として包括的民間委託を導入する事例が増えています

維持管理に包括的民間委託の導入が増えています

【留意事項】

  • ①包括的民間委託の業務には、導入レベルや導入範囲に様々な組合せがあり、各自治体に最適な形態を検討する必要があります。
  • ②民間企業に適切な管理を実施してもらうためには、技術力がある維持管理会社を選定し、定期的な監視・評価を実行していく必要があります。
  • ③地方公共団体職員の技術継承について、検討・対応が必要になります。

包括的民間委託の範囲

包括的民間委託の範囲

これまで個々に第三者委託対象業務も含めた浄水場等の運転管理業務や維持管理業務を包括的民間委 託していた施設が、さらに複数施設や複数事業を一体的にして効率的な事業運営を目指す事例が増えています。

包括的民間委託の導入手続き

包括的民間委託の導入手続き

人口20万人以上の地方公共団体は、「多様なPPP/PFI手法導入を優先的に検討するための指針(平成27年12月15日)」を踏まえ、平成28年度末までに包括的民間委託をはじめとした、PPP/PFIの導入方針について検討・公表する必要があります。

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成29年03月現在
平成28年度愛媛県宇和島市水道事業第三者委託発注支援業務
隣接する南予水道企業団の浄水場の管理を含めた委託
平成27年度 埼玉県戸田市
上下水道施設運転管理業務包括委託支援業務
■対象業務
運転管理及び上下水道窓口業務(料金業務を含む)等の48業務を包括委託
■対象施設
3浄水場、2下水ポンプ場、その他雨水排水施設
平成26年度宮城県多賀城市運転管理等包括業務委託事業者選定支援 ・浄水場の施設管理、運転管理業務の評価 ・次期事業者選定に向けた業務支援
平成26年度宮城県多賀城市平成22年度から平成25年度までの施設管理及び運転管理業務の評価、今後の運用にあたっての方向性の検討

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る