運営・管理

災害廃棄物処理計画

災害廃棄物の処理にあたっては、まず住民の健康への配慮や安全の確保、衛生や環境面での安全・安心のための迅速な対応が必要です。したがって、あらかじめ災害の規模、廃棄物の発生量とその種類等について可能な限り事前に対策を講じておくことが重要となっています。
環境省においては、『災害廃棄物対策指針情報ウェブサイト』を公開し、災害廃棄物の適正且つ円滑な処理のための情報提供を行っています。さらに、各地域の状況を考慮した計画策定のための情報提供を実施している都道府県もあります。

災害廃棄物処理計画の位置づけ
災害廃棄物処理計画の位置づけ

事業手法比較検討

公共施設などの事業化について、PFI方式、第三セクター方式、民間委託などが挙げられています。廃棄物処理施設の建設・運営において最適な事業手法の比較検討を行います。また、運営管理についても包括的長期運営委託などの新たな手法を検討します。
これらの事業手法の検討は、関連事業の総合的な経験を基に精度の高い費用対効果の分析を行います。

事業手法比較検討
事業手法比較検討
事業手法比較検討

事業モニタリング

公共施設などの事業化について、PFI方式、第三セクター方式、民間委託などが挙げられています。廃棄物処理施設の建設・運営において最適な事業手法の比較検討を行います。また、運営管理についても包括的長期運営委託などの新たな手法を検討します。
これらの事業手法の検討は、関連事業の総合的な経験を基に精度の高い費用対効果の分析を行います。

事業モニタリング
事業モニタリング

業務実績

運営・管理の業務実績
受注年度発注者業務内容
平成30年9月現在
平成29年度 広島県三次市 運転管理業務発注支援
平成29年度 愛媛県宇和島地区広域事務組合 委託導入可能性調査
平成29年度 愛媛県松山衛生事務組合 業務継続計画
平成27年度 広島県廿日市市 災害廃棄物処理計画
平成27年度 鹿児島県屋久島町 施設運営方針の検討

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る