衝撃弾性波法を利用した管路ストックマネジメント

~量的な維持管理から質を重視した維持管理へ~

自己資産を適切に把握していますか?

ストックマネジメントを行うには自己資産を定量的で、正確に把握することが必要です。

自己資産を適切に把握

維持管理・更新の平準化はホントに可能?

維持管理・更新の平準化はホントに可能

衝撃弾性波法の特徴と性能

第三者機関に認められた確実な技術
第三者機関に認められた確実な技術

衝撃弾性波法によるアセットマネジメントの導入

定量的診断のススメ
アセットマネジメントの導入

ストックマネジメントの立案は、まず各市町村に適合した的確な手法を検討することがスタートです!
日本水工設計は、市町村の特性に応じたストックマネジメント手法を提供するためのパッケージ商品を多数用意しております。

業務実績

平成29年03月現在
受注年度発注者業務内容
平成28年度日本下水道新技術機構衝撃弾性波法を用いた調査結果の傾向分析
平成26~28年度青森県六ケ所村衝撃弾性波法を用いた管路診断調査
平成26年度宮城県中南部下水道事務所衝撃弾性波法を用いた流域下水道幹線の長寿命化計画策定(仙塩流域下水道、阿武隈川下流流域下水道)
平成22年度下水道新技術推進機構衝撃弾性波法を用いた長寿命化計画策定(大津市)
平成22年度下水道新技術推進機構衝撃弾性波法を用いた管路診断調査(浜松市、福岡市、姫路市、大津市)
平成22年度熊本県阿蘇市衝撃弾性波法を用いた長寿命化計画策定
平成22年度沖縄県浦添市衝撃弾性波法を用いた長寿命化計画策定
平成21年度熊本県八代地域振興局衝撃弾性波法を用いた流域下水道幹線の管路診断調査(八代北部流域下水道)

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る