管路の修繕・改築と機能向上

~計画的な維持管理・改築を目指して~

計画的な修繕・改築

下水道の管路施設は整備の進展に伴い、管路延長は約46万kmにのぼり施設ストックは増大しています。これに伴い、管路施設の老朽化等に起因した道路陥没も増加傾向にあり、その発生件数も約3,300箇所にのぼっています。道路陥没後の老朽管路の修繕・改築といった発生対応型な対応では、市民生活に大きな支障が出るだけでなく、コスト的にも不経済になります。
このため、日常生活や社会活動に重大な影響を及ぼす事故発生や機能停止を未然に防止するため、予防保全型な対応を行い、限られた財源の中でライフサイクルコストの最小化などを考慮した計画的な維持・修繕及び改築を実施していくことが必要になります。
平成27年度の改正下水道法では、維持修繕基準が創設され、事業計画の段階で維持・修繕及び改築に関する内容を含めたものにするとされています。

管路の修繕・改築を行い機能を回復

管路の修繕・改築を行い機能を回復

管路施設における修繕・改築計画

管路施設における修繕・改築計画

道路陥没の要因となる管路の腐食は、腐食環境下(圧送管吐出し先、落差・段差の大きい箇所、伏越し下流部など)の状況によって大きく異なり、経過年数20年未満の管路においても腐食が発生している事例もあるため、効果的な修繕・改築計画は重要です。

業務実績

受注年度発注者業務内容
他多数
平成29年03月現在
平成28年度 公益財団法人東京都都市づくり公社 管路施設補修工事実施設計
平成27年度 東京都小金井市 管路施設長寿命化基本計画
平成27年度 青森県弘前市 管路施設長寿命化基本計画
平成26年度 熊本県大津町 管路施設長寿命化計画
平成26年度 沖縄県浦添市 長寿命化基本計画
平成26年度 愛知県日進市 管路施設長寿命化調査
平成26年度 東京都下水道サービス(株) 管路施設長寿命化調査
平成25年度 東京都狛江市 管路施設長寿命化基本計画
平成25年度 愛知県知立建設事務所 長寿命化基本計画
平成24年度 東京都下水道局 再構築調査設計

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る