揚・排水機場の設計

概説

揚排水機場は、利水・治水には欠かせない重要施設となります。
機場は、ポンプ設備、機場上屋、機場本体、機場の付属施設などから構成され、これらは信頼性、耐久性、安全性、維持管理、経済性そして耐震性の確保など検討すべき事項は多岐に渡ります。

日本水工設計がお手伝いできること

日本水工設計は、揚排水機場の多くの実績を基に、機電,土木,建築,鋼構造など多種多様なフイールドで培ってきた専門技術者を束ねて一つの強固なプロジェクトチームを作り、効率的で質の高い設計を提案いたします。

排水機場(Q=15.0㎥/s)完成イメージ
排水機場(Q=15.0㎥/s)完成イメージ

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成29年03月現在
平成27年度 東京都財務局 排水機場詳細設計
平成25年度 九州地方整備局
川内川河川事務所
排水機場詳細設計
平成25年度 東京都下水道局 水門・排水機場基本設計
平成24年度 兵庫県
阪神南県民局
排水機場予備設計
平成21年度 埼玉県さいたま県土整備事務所 取水ポンプ施設増設設計
平成20年度 宮城県仙台市 排水機場予備設計

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る