河川と下水道の連携

~既存施設を活用した効果的な浸水対策の立案~

河川と下水道施設の一体的な運用の提案

浸水被害軽減のため、河川と下水道の既存施設を活用して一体的な運用を図ります。

河川と下水道施設の一体的な運用の提案

河川と下水道の一体解析(1D/2D 解析)・3D 流体解析

1D/2D解析(1次元/2次元不定流解析)や3D流体解析により、河道・管路内のあらゆる流れを解析します。

河川と下水道の一体解析(1D/2D 解析)・3D 流体解析
河川と下水道の一体解析(1D/2D 解析)・3D 流体解析

効果的な対策施設の立案

効果的な対策施設の導入と最適な配置計画を立案します。

効果的な対策施設の立案

設計の進め方

河川と下水道施設の連携施設の設計の進め方は、下記のとおりとなります。

設計の進め方

河川と下水道の既存施設を活用した一体的な運用の提案は、効率的で効果的な浸水対策となります。
日本水工設計は、地域の防災・減災、安全の早期実現に向けて、100mm/h安心プランの策定等を提案します。

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成30年9月現在
平成28年度埼玉県さいたま市 河川と下水道の連携による流域整備計画検討
平成27年度埼玉県さいたま市 河川と下水道の連携による流域整備方針検討
平成27年度長野県長野市 河川と下水道(バイパス管)の連携による浸水対策施設検討
平成18~20、24年度埼玉県さいたま市 地下河川と下水道(貯留管)の連携による浸水対策計画検討
平成18年度(財)下水道新技術推進機構 河川と下水道の連携による浸水対策計画検討

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る