水害ハザードマップの作成

~住民目線の新たなハザードマップ(被害の最小化に向けて)~

水害ハザードマップ作成の経緯

近年の想定を超える浸水被害の多発を受け、従来の洪水ハザードマップの見直しが必 要となっています。

水害ハザードマップ作成の経緯

水害ハザードマップの特徴

水害ハザードマップは、より効果的な避難行動に直結するものとするため、以下の特徴を有します。

①想定し得る最大規模の洪水、内水、高潮・津波を対象
想定し得る最大規模の浸水想定区域及び津波災害警戒区域に基づき作成する。
地域の実情に応じて計画規模の水害の浸水想定や浸水実績に基づく水害ハザードマップの作成も可。
②地域における水害特性等の分析
水害リスクを住民目線で把握するため、地域特性や地域コミュニティの状況を含め総合的に水害特性を分析する。
③シチュエーションに応じた水害ハザードマップ
いつ、どこで、誰が の観点から作成する。
災害発生前にしっかり勉強する場面」と「災害時に緊急的に確認する場面」を想定して作成する。
④想定最大規模の避難、広域避難への対応
想定最大規模の水害に係る避難計画を検討する。
計画規模等の水害と想定最大規模の水害とで大きく避難行動が異なる場合は、移行基準等を検討したうえで、頻度の高い水害に対する避難計画を検討する。
地形上の観点と避難の観点から必要となる調整事項等を整理し、広域避難を検討する。

水害ハザードマップの作成・利活用の流れ

水害ハザードマップの作成・利活用の流れ

ハザードマップの公表にあたっては、委員会の開催やパブリックコメント等により、作成時から住民の 意見を反映することが重要です。
また、施設整備の状況や社会状況の変化に応じて適宜見直しを行うものとし、その際にもマップの見やすさや記載情報の分かりやすさなど、住民等からの意見を適切に反映する必要があります。

日本水工設計は

水害ハザードマップの作成支援を始め、雨に強いまちづくりをお手伝いします。
また、河川と下水道を一体で解析できる統合型氾濫解析モデルにより、「詳細な浸水想定区域図※」の作成も支援いたします。

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成30年9月現在
平成23年度静岡県浜松市内水ハザードマップ作成
平成22年度埼玉県さいたま市内水ハザードマップ作成
平成18年度千葉県袖ヶ浦市洪水ハザードマップ作成
平成18年度千葉県船橋市洪水ハザードマップ作成

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る