雨水流出解析・浸水被害予測

~河川と下水道の一体解析~

これからの防災・減災のあり方

水害を取り巻く環境が変化しています。これからの防災・減災はどうすれば?

これからの防災・減災のあり方

雨水流出解析・浸水被害予測の必要性

防災・減災対策を検討するためには、浸水被害の状況(どこが、どのくらい、いつまで浸水するのか)の把握が必要です。 雨水流出解析は、放流先河川等の水位変化や降雨状況(最大クラスの大雨、頻度の高い降雨等)、施設整備状況(現況、計画)等のさまざまな条件で浸水被害の状況(浸水エリア、浸水深、到達時間、湛水時間等)を予測することができます。

雨水流出解析」とは、降雨波形から流出ハイドログラフの作成、河道や下水道管渠内の水理解析、地表面 の浸水解析までの一連のシミュレーションを指します。

雨水流出解析の概念

雨水流出解析の概念

シミュレーションの活用

日本水工設計は、雨水流出解析を活用して、詳細な浸水状況を把握し、都市の特性(地形や排水施設の整備状況など)に合わせた対策手法の立案や事業効果の評価、避難計画の検討、ハザードマップの作成など様々なニーズにお応えいたします。

業務実績

受注年度発注者業務内容
平成30年9月現在
平成25年度埼玉県さいたま市 逆流が生じる河川の雨水流出解析(河川と下水道の一体解析)および浸水対策検討
平成23年度静岡県浜松市 直接降雨モデルによる内水浸水想定区域図作成
平成22年度千葉県船橋市 浸水対策検討
平成21年度京都府京都市 浸水対策検討および超過降雨評価
平成20年度埼玉県さいたま市 地下河川を考慮した雨水流出解析(河川と下水道の一体解析)および浸水対策検討
平成19年度北海道札幌市 内水浸水想定区域図作成
平成19年度埼玉県さいたま市 雨水流出解析(河川と下水道の一体解析)および浸水対策検討
平成18年度(財)下水道新技術推進機構 雨水流出解析(河川と下水道の一体解析)

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る