早期に汚水整備を完了したい

持続的な汚水処理システムの構築

国土交通省、農林水産省、環境省では、汚水処理施設整備の早期概成(10年目途)を図るため、平成26年1月に「持続的な汚水処理システム構築に向けた都道府県構想の見直しの推進について」を通知し、構想の見直しとアクションプランの策定を進めています。特に、汚水処理10年概成に向けた整備方針と他の汚水処理施設との連携方針についての取り組みが求められています。

持続的な汚水処理システムの構築のイメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

日本水工設計では、汚水整備の早期概成を実現するために、地域の実情に応じた整備方針を検討するとともにクイックプロジェクト技術やコストキャップ型下水道の導入を検討して「汚水処理構想」を策定します。 また、既存の下水道施設を最大限に活用して、農集接続やし尿投入に関する「汚水の共同処理」の検討にも取り組んでいます。

関連業務

汚水処理構想
PDFをダウンロード
公共下水道と他事業汚水との共同処理
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る