ICTを活用して作業の効率化を進めたい

熟練技術者の確保が困難に・・・

我が国の上下水道事業は厳しい財政状況の下、維持管理の重要度の増大、下水道資源・エネルギーの利用促進、浸水や地震・津波への備え、少子化の進展やベテラン職員の大量退職による人材不足・技術継承への対応といった多岐にわたる課題に直面しています。このような状況の中においても、市民サービスの向上や自然災害への対応力、マネジメント力の強化を行うことで、質が高く、持続可能な上下水道事業を維持し、さらに向上させて行くことが求められています。

熟練技術者の確保が困難にのイメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

こうした社会的な背景や要請に対して、事業運営に係る課題の解析、課題解決に向けた情報化戦略の立案からICT(情報通信技術)の導入・構築、運用支援を行い、安定した事業運営を支援します。
そこで日本水工設計では、事業体が保有する資産を管理する情報システムや、蓄積された情報から将来の改築需要や財政見通しをシミュレーションする情報システムなど、事業運営に係る課題を見出し、ICTを活用した課題の解決を支援します。

関連業務

AssetMan®(アセットマネジメント支援ツール)
PDFをダウンロード
下水道管路施設の計画的維持管理
PDFをダウンロード
衝撃弾性波法を利用した管路ストックマネジメント
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る