維持管理を効率的に進めたい

点検・調査が未実施

近年、下水管渠の腐食等に伴う道路陥没が多発しており、年間約4,000件に達しています。また、下水管渠の点検を計画的に実施している事業体の割合も約2割程度にとどまっており、今後、限られた予算の中で、計画的な維持管理を推進していかなければなりません。こうした中で、改正下水道法において、下水道施設の維持修繕基準が創設され、腐食するおそれの大きい箇所については5年に1回以上の適切な頻度で点検の実施が義務付けられました。今後、「ストックマネジメント実施方針」を策定し、下水道施設全体の管理の最適化に取り組んでいくことが求められています。

点検・調査が未実施のイメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

日本水工設計では、「下水道管路施設の計画的維持管理」を推進するために、精度の高いスクリーニング調査技術を活用した調査方法を提案しています。また、スクリーニング調査とストックマネジメント計画を一体的に運用することで、計画的な維持管理を目指しています。
その他、「活性汚泥モデル」や「下水道光ファイバー」技術を活用した処理場改善や情報の強靭化についても推奨しています。

関連業務

下水道管路施設の計画的維持管理
PDFをダウンロード
包括的民間委託を活用した効率的な維持管理
PDFをダウンロード
アセットマネジメントの導入
PDFをダウンロード
下水道管理の高度化・情報の強靭化
PDFをダウンロード
活性汚泥モデルによる処理場改善
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る