計画的な改築を推進したい

計画的な改築を推進したい

水道事業においては、人口の減少に伴う給水収益の減少や職員の削減など厳しさを増す環境の中で、老朽化施設の更新や耐震化などいろいろな問題を解決しながら安全で安定的に低廉な価格で水道水を供給しなければなりません。
施設を更新するためには多額の費用がかかるため、運営基盤の強化を図る必要があります。このような状況の中で、事業の統廃合を考慮した効率的、効果的な施設改築計画が望まれています。

計画的な改築を推進したいのイメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

そこで、日本水工設計では、これまでに培った技術を生かして、「施設の広域化及び統廃合計画」や「老朽化施設の更新」、「総合的地震対策」等を進めていくことを考えております。
その他、今後の事業展開を具体的に整理するため「水道ビジョン」や「アセットマネジメント」の推進についても推奨しています。

関連業務

水道事業ビジョンの策定
PDFをダウンロード
アセットマネジメントの導入提案
PDFをダウンロード
官民連携(PPP)による水道事業効率化の促進
PDFをダウンロード
水道広域化に向けた提案
PDFをダウンロード
総合地震対策への提案
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る