計画的な改築を推進したい

計画的な改築を推進したい

下水道整備の進展にともない、管路延長は約46万km、処理場数は約2,200箇所となっており、今や全国の多くの地域で下水道の「ある暮らしが当たり前になっています。しかし今後は、これらの下水道施設の老朽化が急速に進むことが見込まれます。また、本格的な人口減少社会の到来による使用料収入の減少や、職員の減少など、下水道事業を取り巻く環境は厳しさを増しています。
このような状況のもと、増大する改築需要に対応すべく、下水道施設全体の管理を最適化するストックマネジメントの実施が求められています。

計画的な改築を推進したいのイメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

そこで、日本水工設計では、これまでに培った技術を生かして、管路施設については、「下水道管路施設の計画的な維持管理」を実施し、「管路の修繕・改築と機能向上」「衝撃弾性波法を用いた管路ストックマネジメントの展開」等を進めていくことを提案します。また、処理場・ポンプ場に関しては「処理場・ポンプ場の修繕・改築と機能向上」を推進するとともに、「幹線・ポンプ場の増強とネットワーク化」や「下水道管理の高度化・情報の強靭化(下水道光ファイバーの活用)」による流域全体の施設及び情報管理の再構築を提案します。

関連業務

下水道管路施設の計画的維持管理
PDFをダウンロード
管路の修繕・改築と機能向上
PDFをダウンロード
衝撃弾性波法を利用した管路ストックマネジメント
PDFをダウンロード
処理場・ポンプ場の修繕・改築と機能向上
PDFをダウンロード
幹線・ポンプ場の増強とネットワーク化
PDFをダウンロード
下水道管理の高度化・情報の強靭化
PDFをダウンロード
下水道ストックマネジメント計画の策定
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る