官民連携を推進したい

水道事業においては、構造物や管路等の施設の老朽化の進行、人口減少による料金収入の減少や職員数の減少など、これまでにない厳しい社会環境の下で水道事業を継続していかなければなりません。このため、PFI法や改正水道法(第三者委託)などの制度が整備されたことにより、官民連携を含めた事業継続の検討が具体的になってきており、官民連携方策導入についてのニーズが高まっています。

官民連携を推進したいのイメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

そこで、日本水工設計では、従来の枠組みにとらわれず、これまでに培った技術を生かして、「包括的民間委託・第三者委託」、「事業者選定支援」、等を進めていくことを考えております。 その他、今後の事業展開を具体的に整理するため「水道ビジョン」や「アセットマネジメント」の推進についても推奨しています。

関連業務

水道事業ビジョンの策定
PDFをダウンロード
アセットマネジメントの導入提案
PDFをダウンロード
包括的民間委託を活用した効率的な維持管理
PDFをダウンロード
官民連携(PPP)による水道事業効率化の促進
PDFをダウンロード
事業運営支援業務の提案
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る