官民連携を推進したい

技術力の確保が困難に・・・

上下水道は、市民生活や産業活動等に欠くことのできない重要なインフラ事業となっています。一方で、今後は更新・改築需要の増加や人口減少に伴うダウンサイジングや統廃合・広域化への対応、さらには経営の悪化等への対応が喫緊の課題であり、その対応として、民間事業者の役割が重要になってくるものと考えられます。
海外事業展開については、国内各社が有するノウハウを組み合わせて、事業を総合的にマネジメントすることについてのニーズが高まっています。

技術力の確保が困難にのイメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

サービスレベルを確保しつつ、様々なニーズに対応していくために、日本水工設計では、従来の枠組みにとらわれず、これまでに培った技術を生かして、「PPP/PFI」、「包括的民間委託」、「広域化」等を進めていくことを考えております。
その他、今後の事業展開を具体的に整理するため「下水道ビジョン」や「アセットマネジメント」の推進についても推奨しています。

関連業務

包括的民間委託を活用した効率的な維持管理
PDFをダウンロード
PPP/PFI を活用した下水道事業効率化の促進
PDFをダウンロード
下水道ビジョンの策定
PDFをダウンロード
アセットマネジメントの導入
PDFをダウンロード
経営計画の策定
PDFをダウンロード
事業運営支援業務の提案
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る