健全経営を目指したい

厳しさを増す経営環境

水道が保有する資産の老朽化に伴う大量更新期の到来や、人口減少等に伴う料金収入の減少により、経営環境は厳しさを増しており、不断の経営健全化取り組みが求められています。水道事業は住民の日常生活に欠くことのできない重要なサービスを提供する役割を果たしており、将来にわたってもサービスの提供を安定的に継続することが必要であります。このような中で水道事業としては中長期的な視点に立った計画的な経営基盤の強化と財政マネジメントの向上等に取り組んでいくことが求められています。

厳しさを増す経営環境イメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること 

そこで、日本水工設計では、「アセットマネジメント」、「地域水道ビジョン」を通じて自らの経営・資産等を正確に把握し、中長期的基本計画を策定することにより将来の投資・財政計画の見通しを立て、効率化・経営健全化方針を策定します。また、その方針に基づき、「包括的民間委託」、「広域化」、「経営戦略」等に取り組んでいきます。

関連業務

水道事業ビジョンの策定
PDFをダウンロード
アセットマネジメント導入
PDFをダウンロード
包括的民間委託を活用した効率的な維持管理
PDFをダウンロード
水道広域化に向けた提案
PDFをダウンロード
AssetMan®(アセットマネジメント支援ツール)
PDFをダウンロード
経営戦略の策定
PDFをダウンロード
上下水道事業における組織マネジメント
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る