効率的・効果的な事業計画を策定したい

課題とニーズに即した事業実施

現在、我が国においては、人口減少やインフラの老朽化、厳しい経営環境など課題が山積しています。こうした中で、国は、平成26年7月に「新下水道ビジョン」を策定し、下水道の使命、長期ビジョン及び長期ビジョンを実現するための中期計画を提示するとともに、平成27年5月に水防法及び下水道法等を一部改正し、持続的発展が可能な社会の構築に向けて動き出しています。今後、各事業体の課題とニーズに即した効率的・効果的な下水道事業の推進が求められています。

課題とニーズに即した事業実施イメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

日本水工設計では、持続可能なまちづくりを実現するために、「下水道事業の評価」を行い、現状の課題とニーズを把握するとともに、中長期的な視点から「下水道ビジョン」を策定します。また、地域の実情に応じた効率的かつ効果的な事業を推進するための、「汚水処理構想」や「新たな事業計画」を策定します。 その他、既存の下水道施設を最大限に活用して、農集接続やし尿投入に関する「汚水の共同処理」の検討にも取り組んでいます。

関連業務

下水道ビジョンの策定
PDFをダウンロード
汚水処理構想
PDFをダウンロード
公共下水道と他事業汚水との共同処理
PDFをダウンロード
新たな事業計画
PDFをダウンロード
下水道事業の評価
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る