災害に備えたい(浸水)

浸水リスクの増大

近年、洪水のほか、内水・高潮により、現在の想定を超える浸水被害が多発し、浸水リスクが増大しています。こうした中で、局地的集中豪雨の頻発化等に対する対応策として、地域の状況に応じた下水道施設の整備を進めるとともに民間企業、住民等が一体となったハード、ソフト対策により、浸水被害を最小化するための効果的・効率的な対策を促進していくことが求められています。

下水の浸水リスクの増大イメージ写真

日本水工設計がお手伝いできること

日本水工設計では、雨に強いまちづくりを実現するために、「浸水シミュレーション」技術を活用した雨水対策を検討するとともに、地域の実情に応じた「雨水管理総合計画」、「内水ハザードマップ」を策定します。また、既存の施設を最大限に活用した「幹線・ポンプ場の増強とネットワーク化」等にも取り組んでいます。
一方、浸水リスクを軽減するためには、[河川と下水道の連携]が不可欠であり、「河川と下水道の一体解析」や「水害ハザードマップ」、「河川整備計画」の策定についても推奨しています。

関連業務

幹線・ポンプ場の増強とネットワーク化
PDFをダウンロード
効率的な雨水管理総合計画の策定
PDFをダウンロード
シミュレーションによる雨水対策
PDFをダウンロード
内水ハザードマップの作成
PDFをダウンロード

サイドナビを閉じる

ページトップに戻る